シンプル薬液と少しの工夫でもう、クリープパーマは失敗しない2012年01月12日

シンプル薬液と少しの工夫でもう、クリープパーマは失敗しない 多様化するお客様の髪質に合わせて、増え続ける薬や処理剤。でも、使い方は覚えきれないし、思い通りにならないし…。それを克服する、夢のような薬液、『ワンダー』シリーズなら、クリープパーマも怖くない!

扱いやすく、美しく、ゆれる カスタマイズ・ウェーブ

戸石正博

Profile

といし・まさひろ/1975年生まれ。東京都出身。日本美容専門学校卒業後、都内数店舗を経て、2000年に独立し東京・三鷹に『SHANTY』設立。パーマ講習のため全国を飛び回り、薬剤開発にも関わっている。

オレンジコスメ×戸石正博SHANTY

薬剤のpHによるウェーブ効率の違いが明らかに!色々な髪質に対応できる「ミックス型」の薬液が登場!

「対談」「ワンダー」シリーズ開発秘話~常に、サロンと二人三脚で~

幅広い対応力が魅力の「ワンダー」シリーズ。その開発に大きくかかわった2人、オレンジコスメの渡邉哲史インストラクターと戸石さんが、この画期的なアイデア誕生までの経緯を語る。

対談

対談

オレンジコスメの渡邉インストラクター。全国を飛び回りながら、さまざまな実験に取り組んでいる。

- お二人が「ワンダー」シリーズを共同開発することになった経緯を教えてください。
渡邉(以下・W):もともとは、私の上司と戸石さんに交流があって、共同でさまざまな実験をしながら、サロン現場の意見を取り入れた薬剤開発を行なっていたんです。そして、私も新しい薬剤開発のプロジェクトに携わる時、「『SHANTY』に行って勉強して来い」と、言われたのが始まりです。
戸石(以下・T):渡邉さんとはすぐ打ち解けることができて、腹を割ってパーマに関する色々な問題を話しあうことができました。その中で出てきたのが、「クリープパーマに対する研究が足りない」という思いと、「薬剤や処理剤の種類が多すぎて使いこなせず、サロンに在庫がいっぱい」という多くの店の現状です。
- どのように改善を進めていったのですか?
T:1点目についてですが、当時、「クリープをするとよりパーマがかかる」ということだけが注目されていて、「どのくらいクリープすれば良いか」というようなところまで考えている人はいないように思えました。実際、クリープをしても思ったようにかからなかったり、逆にウェーブが出すぎたり、さまざまな問題があったんです。
W:戸石さんと実験を繰り返した結果、クリープパーマのウェーブの出方に薬液のpHが大きく関係していることを突き止め、それを数値化することに成功しました。
- その結果は、「ワンダー」シリーズにどのように生かされていますか?
T:クリープの真実が分かったら、あとは、髪質やデザインに合わせてpHをコントロールする事が大事。でも、ただ薬液の強さの種類を増やしただけでは、先ほど上げた2番目の問題、美容師が薬剤を使いこなせていないということが解決できません。
W:そんなとき、戸石さんに美容師さんの現実を教えてもらいました。それは「強さの違う薬剤を混ぜてアレンジしているサロンが結構ある」ということなんですね(※)。
T:当然、それはルールに反することです。でも、合理的な考えでもある。だったら、はじめからそれ用の薬液をつくってしまえばいい、という流れになったんです。
W:還元剤にシステアミンを使うことで、法的な問題もクリアしました。また、強さだけでなく、粘性も2種類用意して、状況に合わせて使い分けられるようにしたんです。
T:最初は粘性は3種類用意されていたんです。でも、それだと、使いどころが難しいことに気づきました。だから、これも「混ぜて粘性を調整できる2種類の薬液」の方向に構想が固まっていったんです。
W:現場の声がダイレクトに反映された薬液。他に類を見ないでしょうし、これからもどんどんn進化していくと思いますよ。
対談

薬剤開発にかかわる美容師は多いが、中でも、戸石さんは「いかに現場で使える商品にするか」にこだわっている。

※医薬部外品分類のパーマ1剤同士を混合するのは、法的にNG。2人はこの現状を逆手にとり、新製品の開発に生かした。

クリープパーマにpHが関係する理由

薬液の強さと放置時間の調節でシンプル施術にひとひねり!

戸石さんのケミカルプラン

クセとダメージを考慮して、薬液は薄めのものをメインに配合する。そこへ、過失やクリープ、水分のコントロールなどを加えることで、ウェーブの強さを調節。髪に負担が少ない薬剤をチョイスできる方法だから、ダメージを心配せず、デザインと技術に集中できる。

クセとダメージを考慮して、薬液は薄めのものをメインに配合する。そこへ、過失やクリープ、水分のコントロールなどを加えることで、ウェーブの強さを調節。髪に負担が少ない薬剤をチョイスできる方法だから、ダメージを心配せず、デザインと技術に集中できる。

太毛・硬毛で、量は多め。全体にふくらむようなクセがある。そのため、カットでインナーレイヤーを施して、ボリュームダウンを図っている。ダメージレベルは2.

WASH OUT←ROD ON

薬液を塗布する中間〜毛先にダメージが少しあるので、「インフィル」を塗布。
薬液を塗布する中間〜毛先にダメージが少しあるので、「インフィル」を塗布。
パネルごとに、力の弱い薬液を使う毛先を先に塗布し、その後中間用に配合された薬液を塗布。
パネルごとに、力の弱い薬液を使う毛先を先に塗布し、その後中間用に配合された薬液を塗布。
前髪は塗布後、ペーパーではさんで横に流しておく。10分後にテストカール。あまり毛先を引っ張らずに判断する。
前髪は塗布後、ペーパーではさんで横に流しておく。10分後にテストカール。あまり毛先を引っ張らずに判断する。
水洗、「インフィル」で中間処理後、ワインディング。薄めのスライスで、全頭、毛先から中間まで平巻き。薬液の塗布箇所を越えるところまで巻くことで、跡がつくのを防ぐ。
セクションごとに乾燥の度合いをコントロールし、加温。オーバーセクションは70度で5分間、ミドル以下は80度で7分間行なう。
セクションごとに乾燥の度合いをコントロールし、加温。オーバーセクションは70度で5分間、ミドル以下は80度で7分間行なう。
加温後、2液を塗布。7分+7分の2度づけ。
加温後、2液を塗布。7分+7分の2度づけ。

RECIPE

処理剤だけに頼らないようにしよう

パーマをサポートする処理剤はたくさんありますが、それらの特性をすべて把握できている人がどれだけいるのか、正直、疑問を感じます。それよりは、配合や塗布、放置時間など、サロンワークでの経験や実験を通して得られた知識をフルに活用して、薬本来の力で髪を守り、デザインをつくりだす。そんな方法を極めたほうが、ねらった通りの仕上がりになると思います。(戸石)

Orange Cosme製品紹介はこちら

ページトップへ戻る